開発者がビーカーを片手に思う事

「しっとり感」と「しっとり」は別物、潤いたければ「しっとり」を探すべき!

「しっとり感」と「しっとり」は別物、潤いたければ「しっとり」を探すべき!

サイトジャパン

先日、2年に1回開催される化粧品産業技術展に行ってきました。
簡単に言うと化粧品原料の展示会。様々な原料が紹介されています。
超大手メーカーであれば、全てを自社製造することが出来ますが、そうでなければ何かしらの原料を原料メーカーから購入して作るメーカーが多いのです。

とにかく沢山の原料がありまして、そんな中から「使える」原料を探すのは楽しくもあり、大変でもある作業。
これ!というものは今回は正直無かったのですが、気になる点と言いますか、これって大事だなと改めて思ったことがあります。


それは・・・

各社で原料の説明を受ける度に言われる言葉。

「肌の上に残るのでしっとり感があり、おススメです」

というもの。
ホント多かった。。


この言葉だけでどう思いますか?
しっとり感があるなら良いではないか!と思います?



私はこの言葉を聞くとがっかりします。
だって、しっとり感ですよ。「感」ですから。


確かにデータ上、保湿効果は確認できます。
でもね、しっとり感ってそれ以上の期待をユーザーに与えてしまうのですよ。
つまり、仮に自分にその成分の保湿力が足りていなくとも、「しっとり感」があるからちゃんと潤っていると勘違いさせてしまう可能性があるってこと。
これでは肌はどんどん老化をたどります。乾燥すればシミ、シワ、たるみ、くすみ、様々な肌トラブルは解決しません。

最近の流行ですよね。
トロッとしたテクスチャーで肌の上に瑞々しい感じが残るタイプ。
このテクスチャーと保湿力は別物です。
この「しっとり感」のある成分、会場で沢山試してみました。
肌上に何かが乗っている感が苦手な私には気持ち悪いとしか言えない・・・


保湿って「しっとり感」ではなくて、「しっとりしているか?」なんですよ。
「感」だけなら保湿力が無い成分でも作れます。
この辺を勘違いして欲しくない。
勘違いしていると本当の保湿にはたどり着けないので。


このような成分が多いのは、ユーザーが求めるからです。
皆さんが正しい判断を出来るようになれば、こうした「テクスチャー重視」な製品では売れないとメーカー側も判断するでしょう。
売れるから作る。当たり前な話です。


本当の「しっとり」は付けて直ぐに分からないかもしれません。
付けた直後は「潤っていない?」と思うかも。
でも、時間の経過と共に「しっとり」は分かります。
「感」も大事です。付けて気持ちよく感じないといけませんから。
でも、これって一時の感触です。
その先の「しっとり」を探してみて下さい。



次回の展示会ではこの言葉が減ると良いな・・と思っています。



MUQ、「しっとり感」はありません。あるのは「しっとり」です。
まずは正しい潤いを体感下さい。
将来も美肌でいたいなら、正しい選び方が必須です。
トライアルセットなら10日間たっぷりお試し頂けます♪

MUQ ムキュ 10日分トライアルセット


目次に戻る


購入する

●トライアルセットのご注文はお一人様一回限りとさせていただきます。
●トライアルセットのご注文はメール便送料無料です。
 メール便での配送では、お届け日時指定サービスや追跡サービスはございません。
●トライアルセットのみのご注文で、お支払い方法「代金引換」をご利用の場合 は、別途送料がかかります。
●「銀行振込(前払い)」「コンビニ決済」はご入金確認後の発送となります。
●他の商品と同時にご購入いただいた場合は宅急便での配送となります。

@コスメクチコミランキング化粧水部門1位ムキュハリーアップローション
ハリーアップモイストローションハリーアップモイストセラムハリーアップモイストクリームMUQ ムキュ 10日分トライアルセット

定期お届け便

MUQ Facebookオフィシャルファンページ



ページトップへ