開発者がビーカーを片手に思う事

6月9日はムキュの日!ずっと潤うワケを紹介します

6月9日はムキュの日!ずっと潤うワケを紹介します
ムキュの日

6月9日
ムキュの日です♪


ということで、
私がどのようにこだわってMUQを作ったのか?
何故潤うのか?
何が違うのか?

など、久々にMUQについてお伝えしようと思います。
ムキュの日なんで、少々長くなりますがお付き合い頂ければ幸いです。

MUQには化粧水・美容液・クリームの3種類があります。
実は開発の第1歩目はたった1つの美容液でした。
今製品としてあるセラムとはまた違うものです。

本当はこの1つの美容液に全てを詰め込みたかったのです。
ところが、配合したいもの、欲しい機能、そしてモニターリサーチの反応などを考えると1つには収まらないという結果に。
そこで、しっかりとした機能を叶えられる最小限のアイテム数はどこなのか?ということを考え、化粧水・クリームが加わりました。

ちょっと前のキャッチフレーズで表現するならば、
「美容液から作った化粧水」
「美容液から作ったクリーム」
という2種が加わったのです。


機能を分散させた結果、元の美容液は「肌に栄養を与える」という部分の機能をUPさせるという配合に絞ることが可能となりました。

これがMUQのスタートです。


今MUQの機能はこのように分かれています。

<ローション>
肌に潤いを与え、柔軟性を保つ
<セラム>
キメを整える、肌自身の潤うチカラを育てる、クリアな肌へと導く
<クリーム>
潤いを保つ、肌にハリとツヤを与える


細かく言えば他の効果も沢山ありますが、簡潔に説明するとこんな感じ。


1つ1つの機能性は様々な他メーカーの開発をしてきた中でも1番だと誇れるものになっていますが、3つを重ねて塗布していくことで、私が欲しかった肌状態を作れるように配合を考えました。


それぞれポイントがありまして、

<ローション>

粉末のヒアルロン酸を使用する
ヒアルロン酸ホールド製法 独自の製法でヒアルロン酸の濃度UPを実現!  

皆さんが知っているヒアルロン酸原液というのは本当の原液ではありません。ヒアルロン酸だけを入れた水みたいなものとイメージ下さい。これ、ヒアルロン酸の濃度は多くて1%。これ以上は入れられません。
ヒアルロン酸100%の状態は「粉」なんです。1%以上の濃度を配合しようと思うと、粉から作らなければ出来ません。濃度を上げるために私は粉を選択しました。

・・・ですが、工場には嫌がられました。。

ヒアルロン酸をたっぷりと配合させるには時間と手間が掛かるのです。
私は開発者なので、実際に製造する工場側に「このように製造して下さい」という指示を出すのですが、嫌な顔されましたよ~(笑)
最終的には理解をしてくれましたが、このひと手間が保湿力を変えたのです。

保湿に関してはこれだけで済んでしまう人が続出してまして、商売的には良かったのか?と思ってしまいますけどね。
これが正しい化粧水なので仕方がありません。


<セラム>
あえて最新の美容成分は使わない。
シャルドネセイヨウナシ納豆酵母

美容液ですからね、栄養と肌悩みを解決してくれる機能が欲しかった。
乾燥、シミ、シワ、たるみ、美白、エイジングケア、私だって気になることは山ほどある(笑)
とはいえ、私の肌は弱肌です。美肌効果があると言われている成分でも刺激を感じるものは多いです。
できるだけ、肌に優しく、そして効果的な成分を探すことが必須でした。

選んだメインの成分は画像左から、シャルドネ、セイヨウナシ、納豆、酵母。

選び方の軸は
効果(数字)×実績(製品化後のデータ)
というものです。

効果は私たち化粧品開発者は実際の実験結果として数字で見られます。ここに刺激の実験などのデータもあるのですが、これだとまだ私には足りない。正直怖い。
刺激が無いとされても刺激を感じてしまうものが実際にありますからね。
製品化されてからトラブルが発生し問題になるケースは一定量あります。皆さんの記憶に新しいところで言えば美白化粧品の白斑問題のように。

で、考えたのは年月です。
長い間世の中で使用されてきた実績、これを見ました。
日々新しい成分が生まれます。その数は数えきれない程。でも、あっという間に消えていく成分も多いです。
理由は様々、効果が感じられなかった、肌トラブルが起こる人が多かった、商売として利益が出にくいものだった、、、等。
ネガティブな理由で消えていきます。
つまり、長く生き残っている成分はポジティブな理由があるという証明にもなるのです。

私の下には何か化粧品原料でトラブルがあると業界として注意喚起の連絡が必ず入ります。
この情報を過去にさかのぼって確認したのです。

どんな人にも100%安全というものは化粧品原料だけでなく、食品だってありません。
栄養ある卵だってアレルギー持ちには死に至るものになってしまいますからね。

でも、出来る限り多くの人にとって安心であるというところまでは近づけられる。
化粧品業界、最新の成分の方が注目されますし、売れます。過去のものは直ぐに飽きられてしまう。
但し、チカラのある製品はずっと愛されているという事実もある。だから私は最新の成分は選択肢から外しました。少なくとも10年以上のデータを見て決めたかった。
過去のデータを確認し、トラブル報告の有無を徹底的に調べ、その中から探し得た成分から選びました。


先に挙げた成分、それぞれ良い機能を持ってます。

シャルドネやセイヨウナシは乳酸桿菌で発酵させることで保湿力は高くなりますし、古い角質を優しく取り除いてくれる。
納豆はそれ自体に保湿力がありますが、何より、継続して塗布することで、肌自身が保湿できるチカラを育ててくれる。
酵母は新陳代謝を促進し、シミを抑制してくれる。

素晴らしいのです。

ただし、ちゃんと必要量配合すれば。

長く愛されている成分、正しく配合することがポイントなんです。
でもね、そこがなかなか出来ていないのです。
化粧品業界の悪しき習慣。コンセプトとして配合されているものが多いという点。
何か1つ最新の成分を入れてしまうとコストが掛かります。結果、他の部分でコスト削減をするために、必要容量配合されないという現象が起きてしまう。
最新の成分だけに頼るとそうなる。これも私が最新の成分を選ばなかった理由。
このほかに配合している全ての美肌成分において同じ考えです。

こういう話、スポンサーの関係などもあり、メディアではなかなか取り上げてもらえません。
取材などで話してもカットされることが多い。
MUQを通じて出会えた皆さんには是非知って欲しいことです。


<クリーム>
正直もっとさっぱりでも良かったとさえ思う
スクワランホホバ

ポイントとなるオイルはスクワランとホホバ油なんですけどね。どちらも結果原価が高いオイルになりました(^_^;)
クリームの決め手は完全に‘つくり’にあります。

皆さんが潤ったと感じる1つの基準として、肌を触った時のクリームが多少残っている感があります。
別な言い方をすれば「こってり」とか「ベッタリ」とかそんな感覚が高い程、多くの人は保湿力が高いと判断します。

これは全くのウソ。錯覚です。
感触(テクスチャー)と保湿力は別物です。
実は他社の開発では「保湿力が高く感じられるようなテクスチャーにしてください」と言われることが多いです。その方が例え美肌成分が少なくとも高く売れるから。
これが私の開発者としてのモヤモヤだったんですよね。。。
良いのかこれで?といつも思ってた。というか、今も他社の開発では思う。。

ただ、私が実際にクリームを作ってモニター調査をした結果、このこってり感が無いとそもそもクリームの良し悪しすら消費者は見てくれないということが分かったりはしました。
最初の付けた感触に頼る部分がものすごく大きいんだなと。
MUQクリーム、初回の試作品は第一印象は最悪。潤いうとか潤わないとかそんなところをほとんど見てもらえなかったんです。
もう、そう思われると人はその先は見えにくくなるものなんです。欲しい感想はなかなか得られませんでした。

結果、私が許せる範囲で少しだけ「こってり感」を出しました。
おそらく皆さんにとっては「どこがこってり?」と思われる程の微々たるものです。
これでようやく人の目線がテクスチャーから効果に行くようになったのです。

私がクリームに求めたものは
保湿力は高く、でも、まるで何も付けていないかのような感触
です。
これは技術的に出来ると確信してました。

真冬、真夏、肌にとって過酷な環境で数年のテストを重ね、保湿はバッチリと結論が出ていたのです。
あとは皆さんに受け入れられるか?だけだった。

今なお、MUQクリームは軽いから夏用かな?と言われることが多いです。保湿力はそんなにないかも?と口コミなどで書かれることも。
でもね、それって長く使った感想とは違うんですよ。第一印象なのです。なのである程度は諦めました。
人それぞれテクスチャーの好みはありますしね。「効果」に重きを置いている方にちゃんと伝われば良いと。

ものすごくサラサラなクリームなんですけど、愛用者は肌悩みが深刻な方が多い。
そこで役立っているなら本望です。

もし、今後更にクリームを改良するのであれば、もしかしたら私が本当に欲しかったサラサラ感にするかも?!
保湿力を保ってサラサラにすることは私には出来ます。
これがMUQクリームのポイント。



と、長々と書きましたが、化粧品って何が入っているから良いとかそんな単純な話では無いんです。
入れるだけなら開発者なんて要らない。
どう生かしていくのか?を考えるのが開発者の仕事。
それを最大限に詰め込んだのがMUQです。

多くの大手企業の開発を手掛けてきた
私の師匠はMUQ開発時に何度も「本当にこれ作るの?製品化するの?」と聞いてきました。


ヒアルロン酸の件で嫌がられた
工場にも「本当にこれで作るの?原価率高すぎやしませんか?」と言われました。

それほど化粧品業界のセオリーを無視したものなんです。
文系大学出身の私が諸先輩方のそんな意見を振り払って作ったのがMUQです。
是非、多くの方にお試し頂ければと思います。


トライアルセットを10日間分にしたのも上記が理由。
化粧品のチカラは第一印象だけでは分かりませんからね。ある程度継続使用してこそ本当のチカラが分かりますから。

これからもMUQをどうぞ宜しくお願い致します!



目次に戻る

購入する

●トライアルセットのご注文はお一人様一回限りとさせていただきます。
●トライアルセットのご注文はメール便送料無料です。
 メール便での配送では、お届け日時指定サービスや追跡サービスはございません。
●トライアルセットのみのご注文で、お支払い方法「代金引換」をご利用の場合 は、別途送料がかかります。
●「銀行振込(前払い)」「コンビニ決済」はご入金確認後の発送となります。
●他の商品と同時にご購入いただいた場合は宅急便での配送となります。

お風呂上り、何も付けずにどれだけ肌は耐えられますか?化粧品開発者の私は30分以上平気です!

お風呂上り、何も付けずにどれだけ肌は耐えられますか?化粧品開発者の私は30分以上平気です!



相変わらず、自撮りだと目線が合いません(笑)
こちら、私の超すっぴん状態です。
お風呂上り、何も付けていない状態で30分程経過した肌。
でも、カサカサにはなりません。
何も付けていないのをうっかり忘れることもあります(^_^;)

私は皮膚の持病があります。
お風呂上りは患部の処置の方が先決でして、顔からケア・・というのは実は出来ていないのです。
全ての処置が終わって初めて顔にいける。

MUQの開発時、これがとても大きなポイントでした。


付けてから潤うのは化粧品を作る際当たり前。
欲しかったのは、長く使用していく中で、付けなくても大丈夫な時間をどれだけ延ばしていけるか?という点です。



私の病気は直ぐに治るものではなく、一生付き合っていくかもしれないもの。
となれば、永遠にお風呂上りは患部の処置を優先していかなければいけないかもしれない。顔はこの先ずっと後回しにしなくてはいけないかも。
という危機感があります。

お風呂上りにすぐ化粧水を塗布した方が良い・・・そんな美肌理論もありますよね。
現実は出来ないのです。私には無理です。


患部が優先とは言っても、顔だって大事です。
患部の対応は化粧品開発者の私にとって新しい策を生み出すのは難しいし、完治させる術は医師だって分からないと言います。
なら、顔を後回しにしても良いものを作ればよいではないか!と考えたんですね。単純ですけど(笑)

結果、開発時から何年もの間、MUQを使っている私の肌は、
少なくとも30分以上、何も付けずに耐えられる肌へと成長してくれました。

これならゆっくりと患部の処置が出来ます。



化粧品、一過性の保湿だけではダメなのです。
付けなければ活躍しませんから。
必要なのは、付けた瞬間潤う一過性の保湿と、その後肌自身が健康になる助けとなる保湿(長期的な保湿)の両方。

メーカーとしてはいかがなものかと思う目標ですが、
「いつか化粧品すら必要の無い肌になって卒業していく製品を作る」
というのが私の開発者としての目標です。

まだ技術的に不可能なことも多いです。
でも、化粧品が無くても大丈夫な時間が出来るというのは今のMUQで得たゴールです。


子供の肌はお風呂上りにそのままでもカサカサゴワゴワにはなりませんよね?
本来健康な肌であれば化粧品は必要無いのです。

化粧品を開発している私が言うのも変な話ですが、理想は化粧品が必要の無い肌です。
メイクをする、クレンジングをする、紫外線に当たる、、、色々と日常生活の中でダメージを増やしてしまっています。
食生活や睡眠時間だって、化粧品が必要の無かった時代よりも変化し、悪い習慣も増えています。
そんな中で、いつまでも生き生きとした肌でいられるために、化粧品のチカラを少し借りる・・・そういう立ち位置で化粧品を活用して欲しいと思っています。

化粧品で何かを劇的に一瞬で変えるのは不可能です。
でも、正しく作られた化粧品であれば、長く使う間に、私の肌のように乾燥に耐えられるようになっていきます。


MUQはとにかく保湿に拘りました。
不自然な効果は欲しくなかった。
是非多くの方に、私の拘りを体感頂ければと思います。

お風呂上りに余裕があるって最高ですよ!
私のように患部の処置が必要無ければ、まずはビール!なんてことも出来ちゃいますしね(^_-)
小さなお子様がいるママさんにもおススメです。

まずは10日間分トライアルセットから是非お試しください。
MUQでお風呂上りに時間の余裕を作りませんか?
MUQ ムキュ 10日分トライアルセット


目次に戻る

購入する

●トライアルセットのご注文はお一人様一回限りとさせていただきます。
●トライアルセットのご注文はメール便送料無料です。
 メール便での配送では、お届け日時指定サービスや追跡サービスはございません。
●トライアルセットのみのご注文で、お支払い方法「代金引換」をご利用の場合 は、別途送料がかかります。
●「銀行振込(前払い)」「コンビニ決済」はご入金確認後の発送となります。
●他の商品と同時にご購入いただいた場合は宅急便での配送となります。

化粧品開発者が実践するノーファンデが怖くない肌の作り方 実践編!美肌の8カ条

化粧品開発者が実践するノーファンデが怖くない肌の作り方 実践編!美肌の8カ条

snap3

こちら私のメイク顔。
今回も自然な状態をお見せしたいのでスナップ写真です(^_^;)
デスクでの1枚。しかも朝メイクして、撮影したのは夜中12時位だったかと。
仮眠続きだったためかなりの疲れ顔ですが、化粧乗りだけはバッチリです(笑)MUQのおかげでこの時間でもなんとか人様に見せられる顔でいられます。

基本すっぴんで過ごしていますが、TPOに合わせてメイクもします。
すっぴんが良ければ当然、化粧もキレイに乗るわけでして、正直メイクは下手なのですが、そんな私でもそれなりになります。


では開発者の私はどうやってすっぴん肌を作っているのか?
ポイントをお伝えします。



(1)落とすはしっかりと!日焼け止めにもクレンジング!
クレンジングはオイル(コメぬかオイルかサラダオイルを使います。安くて使いやすい!)MUQクリームで行います。
日焼け止めだけの日も必ずクレンジングをします。石鹸で落とせるタイプの日焼け止めを使っていてもクレンジングです。
日焼け止め、元々落ちにくいように作られていますからね。しっかりと落とします。

洗顔は固形石鹸を使います。100円程で購入できる昔ながらの超シンプルなものです。
余計なものが入っていなくて1番肌に優しく汚れが落とせるのが石鹸。


(2)泡に頼りません。固形が1番!

濃密な泡が汚れを落とす・・というのは勘違い。泡だけが大事な訳がない。泡だけを作る成分もありますし、そもそも泡タイプは弱肌には向きません。
肌に負荷を掛けないためにも泡は自分で作りますし、モコモコにこだわる必要は無いです。
普通に泡立てば汚れは落ちます。
なのでポンプ状で泡で出るようなタイプのものは一切使用しません。


(3)メイクは絶対落として寝ます。でも手抜きもします。

基本はクレンジングをして洗顔をして寝ます。
が、手抜き時には簡単にメイクだけ落としています。
その際、水クレンジングやシートタイプのクレンジングは使いません。乾燥しやすいので。
MUQクリームでメイクを馴染ませ、コットンなどで優しく拭き取るか、さっとお湯で流します。それだけ。
たまの手抜きならこれだけで十分です。落とさない方が良くないですから。


(4)顔に摩擦や圧はかけません。マッサージは頭皮のみ!
クレンジングやスキンケアの際、マッサージ的なことは一切しません。普通に触るだけです。
顔のマッサージは開発者といえども素人です。間違ったやり方をしてしまえば‘くすみ’に繋がります。危険な賭けはしないタイプです(笑)
クレンジングもスキンケアクリームもマッサージ用ではありませんから使用目的と違う使い方はしません。‘つくり’が不向きなので。

ですが、頭皮はしっかりとマッサージします。これだけで顔色がかなり変わります。頭皮と顔は繋がっていますからね。頭皮がたるめば顔もたるみます。
シャンプー時と朝メイク前の2回、主にマッサージをしています。
目元もきゅっと引きしまり、むくみ防止にもなります。

ちなみに
化粧水などを塗布するとき、コットンなどは使いません。基本スキンケアは全て手でやります。
実は手で塗布しようがコットンで塗布しようが効果は変わりません。コットンだとつい摩擦がおきてしまったりしますからね。手が一番。


(5)美白剤は使いません。
そもそも化粧品は角質層のみに働きかけるもの。
美白って角質層だけの問題ではありません。もっと深いところに入れないといけないのです。これを浸透させようとすると肌に負荷が掛かる‘つくり’にしないといけないんですよね。
負荷が掛からないように作れば美白剤の効果は出せなくなりますし、効果が出るように作れば負荷が高まる。
どちらにしても意味が無いので使いません。
美白は他の手段で得ます。


(6)UV対策はSPF30以下、紫外線吸収剤フリーで。
SPF30以上になると紫外線吸収剤を使用するケースが多く、配合量もかなり多くなり肌に負荷が掛かります。
最近では紫外線吸収剤フリーでSPF50という製品もありますが、まだこのタイプに使われる成分に関し私が信頼出来ていないということもあり、使いません。
新しい成分はある程度年月が経って実績をみないとトラブルの元になります。
大事なのは数字では無く、塗り直しなので、外出時には2時間おきに塗りなおします。
塗りなおさなければ数値が高くても日焼け止めがヨレたり崩れたりして日焼けしてしまいますからね。意味がありません。


(7)どんなに忙しくても1日1回、最低3~4時間は続けて寝ます。
本当は8時間は寝たいタイプ。でも現実はほぼ仮眠生活です。
ですが、1時間ずつとか小分けにするのではなく、必ず3~4時間続けて寝ます。(って普通の睡眠時間じゃないか!と思われるかもしれませんね・・私にとってはかなり少ない睡眠時間なんですよ!)

シンデレラタイムというのを聞いたことはありますか?
夜10時~2時の間に寝ると、成長ホルモンが活発になり肌が修復されるというもの。
研究により、時間に関係なく睡眠の質が関係あるということが分かっています。眠り始めて最初の3時間くらいの深い眠りがポイントこの時間、メラニンを表皮に運ぶ酵素がお休みします。
つまり、このタイミングを作らないと無駄にメラニンが運ばれてしまってシミやそばかすを作ってしまう可能性があるという訳です。
無駄にメラニンを運ばせない。これ大事なことです。


(8)しっかり保湿。でも保湿を求めるのは基礎化粧品だけ。
クレンジングや洗顔料、UV製品、メイク製品に保湿は求めません。
保湿成分を配合したところでその量は微々たるもの。効果的な量は配合出来ないので。
こうした製品で無駄に保湿をアピールしているものは実は不自然な‘つくり’が多い。
そこにお金を掛けるのは勿体ないですし、そもそもの機能以外を推さなければいけないものなど期待は出来ないのです。作っているから分かること。

保湿は化粧水・美容液・クリームこの3点だけに特化しています。
化粧品、それぞれ役割が違います。色々な機能が1つに入っている方が良い・・なんて欲張るとどれも中途半端なものになってしまいます。お金の無駄だなと。
全ての肌トラブルの元には「保湿」というキーワードが必ず登場するんですよね。だからこそ、効率よく美肌を得るために、大元の保湿にこだわっている。
色々開発していて出たのがこの結論です。



ということで、意外と当たり前?かもしれません。
でも、この8点だけはかなりこだわって続いている習慣です。

化粧品開発者になる前はこんなことあまり気にしませんでした。
MUQのおかげと言えばそれまでかもしれませんが、開発者になったおかげでかなり「スキンケアの断捨離」をしました。
無駄なことを沢山していたなと。
開発者になったら色々と美肌成分が知れて沢山使えるのね!なんて期待していた頃が懐かしい(笑)
知れば知るほど、要らないものが出てくるものなんですよ。


皆さんの美肌作りの参考になれば幸いです。
当たり前のことを当たり前にする。これが大事だと思います。


そんな私が作ったMUQも是非試してみて下さいね。

機能特化で開発したのできっとお役に立てるかと!
私は肌がかなり回復したこともあり、1度の使用量がかなり少ないです。たぶん見たらびっくりする程の量です。
肌が回復すれば化粧品の使用量は減るのです。
正直、売上としては長持ちしてしまうのはよろしくありませんでして、そのあたり、経営的には少々問題なのですが、肌のことを考えるとどうしても譲れない点だったりして・・・。
まずは体感してみて下さい。


・・・おまけ

こちらMUQクリームだけでメイクを落とした顔です。
落として、3時間程仮眠をとった後撮影。
スキンケアクリームでメイクを落とすとしっとりが続きますよ!もっと効率的に仕事をし、寝不足を解決するのが目下目標です(^_^;)寝不足のクマだけはどうにもなりませんしね。。
snap4


目次に戻る

購入する

●トライアルセットのご注文はお一人様一回限りとさせていただきます。
●トライアルセットのご注文はメール便送料無料です。
 メール便での配送では、お届け日時指定サービスや追跡サービスはございません。
●トライアルセットのみのご注文で、お支払い方法「代金引換」をご利用の場合 は、別途送料がかかります。
●「銀行振込(前払い)」「コンビニ決済」はご入金確認後の発送となります。
●他の商品と同時にご購入いただいた場合は宅急便での配送となります。

化粧品開発者が実践するノーファンデが怖くない肌の作り方 過酷な環境でもすっぴん肌に自信が持てる!

化粧品開発者が実践するノーファンデが怖くない肌の作り方 過酷な環境でもすっぴん肌に自信が持てる!



こちら、私のすっぴんです。日焼け止めのみ使用。リップクリームすら付けていません。
リアルをお伝えしたかったのでスナップ写真で失礼します。
自分の肌で化粧品を試す必要があり、仕事中は基本すっぴん。メイクをしていると試しにくいですからね。常に試せる状態にしています。当然、通勤もすっぴんです。

自分で言うのもなんですが、すっぴん肌に自信があります。美人かどうかは顔の‘つくり’の問題なのでご容赦ください(笑)
化粧品開発者だから当たり前で友われるでしょう。でも、私の生活はとても美肌に適さないものなんですよ!


私の生活パターンは

・食事は1日1食(基本自炊)
 まぁ、これは健康的という見方もありますから問題が無いのかもしれません。
 1食なので栄養が十分に足りていないという可能性はあります。
・睡眠は基本「仮眠」程度
 1週間のうち、ベッドでしっかりと寝るのは1~2日程度。
 あとは仮眠で過ごします。
・メイク時、時折、顔を洗わずに寝ます
 TPOに合わせてメイクもしますが、徹夜が多いので疲れた時はメイクは落とすが
 顔を洗わない・・ということもあります。
・自分でマッサージはしない
 しないというより出来ません。面倒ですし。
・運動は通勤のみ
 運動は好きですが苦手です。
・フェイスパックはしません
 パックをして待っているのが苦手です(笑)
 そもそも痛くて使えないものが多いというのもありますが。
・研究のため、肌に合わない化粧品を使う機会が多い
 例え痛くとも1度は自分の肌で試してみます。

とこんな感じ。健康的とは言えませんね(^_^;)


そして、私の肌質ですが、

・超敏感肌
 乾燥・肌荒れを起こしやすく、 多くの化粧品は痛くて使えません。
・免疫系皮膚疾患持ち
 いくつか皮膚疾患があります。一生付き合っていく可能性大です。

という感じでして、生活パターン・肌質ともにすっぴんを美しく保つということがとても難しい環境です。
これがMUQを開発する原動力となったわけですが、こんな生活の中でも、ちょっとした工夫で人様にすっぴんを見せても大丈夫ということろまで肌を作ることができるのです。


化粧品開発者になる前も似たような生活リズムではありましたが、その時はまだ病気を発症する前ということもあり、エステにもよく言っていましたし、何万もするような化粧品も沢山使っていました。
ところが肌はいつもカサカサで吹き出物もあったり・・おでこが特にひどくて、皮がめくれてメイクで隠せない時もありました。
病気を発症した今よりもずっと肌は汚かったです。


仕事や家事・育児等、様々な理由で美肌に良いという理想的な生活が出来ない人も多いでしょう。
私もその1人です。
一生懸命作ったMUQを1人でも多くの方に知って頂くために沢山時間を費やしたい。1日24時間では足りないと思うほどです。自分の美容に多くの時間は使えません。

それでもあきらめる必要は無いと思っています。
そのためにMUQを作りましたし、少しの工夫でダメージを減らすことはできる。



理論で化粧品、そしてスキンケアを考えれば策は色々とあるものです。
どれだけ皆さんの参考になるかは分かりませんが、私が自分の肌で試した
「ノーファンデが怖くない肌の作り方」
をロジカルにお伝えしようと思います。

長くなりましたので、具体的策は次回にて。



美しいすっぴんを作るのに欠かせないパートナMUQ。
すっぴん肌に自信が無い、美肌作りに手間暇が掛けられない、そんな方、是非お試しください♪

トライアルセットはたっぷり10日間お試し頂けます!
MUQ ムキュ 10日分トライアルセット

目次に戻る

購入する

●トライアルセットのご注文はお一人様一回限りとさせていただきます。
●トライアルセットのご注文はメール便送料無料です。
 メール便での配送では、お届け日時指定サービスや追跡サービスはございません。
●トライアルセットのみのご注文で、お支払い方法「代金引換」をご利用の場合 は、別途送料がかかります。
●「銀行振込(前払い)」「コンビニ決済」はご入金確認後の発送となります。
●他の商品と同時にご購入いただいた場合は宅急便での配送となります。

実は身体の部位ごとにスキンケアを変えなくてもOK?!

実は身体の部位ごとにスキンケアを変えなくてもOK?!

legs

暑くなると肌の露出が増えますね。

皆さん、ボディケアは出来ていますか?
ボディクリームやハンドクリームの選ぶ決め手は何ですか?


そんな質問をしておいてなんですが、私はボディクリームもハンドクリームも基本使いません。
何も塗らないということでは無いのです。
私は持病の関係もあり、全身直ぐに乾燥してしまい、そのままにしておくと痒くなり掻き壊し、全身傷だらけになってしまいますから。

何故使わないのか?

作り手だからこそ思う理由があります。

それは、

ワザワザ分ける必要が無いから。


化粧品開発者ですからボディクリーム、ハンドクリーム、リップクリーム、様々なクリームを作ることができます。
でも、良いものを作ろう・・・と思うとフェイスクリームとさほど変わらないものになるんですよね。

部位ごとにあるクリーム、作りは皆同じです。
私でも全成分一覧だけしか見ることが出来なければ、どれがどの部位用か完全に当てることはできません。
それほど似てる。
というか同じ

なので、私はフェイス用と同じクリームを使います。



では何故分かれているのか?
ボディ用、フェイス用、おそらく分ける大きな理由は下記でしょう。

・広範囲に使うボディ用は単価を下げるため高価な美容成分は多く入れないから
 (エイジングケア成分等は求められていないから)
・ボディ用は汗や皮脂に耐えられるような作り方をしているから
・フェイス用はこってり、ボディ用はさっぱりとした感触が求められるから
・商品が増えれば化粧品会社の売り上げが上がるから


ハンド用とフェイス用を比べても同じですね。


何か気づきませんか?


上記の違い、保湿などいわゆる美容成分の使い分け的な発想が入っていないのです。

つまり、フェイス用だろうが、ボディ用だろうが、美肌の為に配合する成分の種類の違いでは無いということ。
ボディに良い美肌成分・・・的な発想があまりありません。
違いはテクスチャーだったり、ウォータープルーフだったりベースの問題であって、効果の違いでは無いのです。


もちろん、多少の違いはありますよ。
でも、作る側からしてみれば、美容成分は同じように配合しています。さほど違いを感じないんですよね。


汗や皮脂に流れにくいというのはボディやハンド用には必要でしょう。
でも、そもそもボディ用として単価を下げて販売するために美容成分の量を下げたものを塗布して、それが落ちにくいといったところで肌の乾燥はどこまで解決するのでしょうか?

ならばしっかり保湿してくれるクリームを適度に塗りなおす方が保湿はできるかと。
ウォータープルーフといっても100%落ちない保証はありませんしね。


・・・ということで、ボディ・ハンド・フェイス用クリームなど、開発者から見ると、違いは無いように見える。

無理して分ける必要も無し。

という結論に至ります。



化粧品の場合、やはりフェイス用が各社一番力を入れていますので保湿力は高く出来ていますね。
なので、乾燥が気になる、お顔の肌のようにモチモチ肌になりたい、そんな希望があるのであれば、思い切ってフェイス用を全身に使うのが良いかと。

フェイス用を使っていたらコストが掛かりすぎない?

そう思うかもしれません。

確かに高く感じるかも。
しかし、モノは考えようですよ。
しっかり保湿できるようになると、肌自身が潤いを保つ力を持ってくれるようになります。
そうなれば何度も塗布しなくとも、たくさん塗布しなくとも、しっとりもっちりな肌へ近づいていきます。

お肌の状態が良い人であればフェイス用を使わなくともボディの潤いは保てるかもしれません。
乾燥しやすい、ガサガサゴワゴワしている、そんな悩みの方は是非フェイス用を使ってみて欲しいなと思います。



ボディ用といってもとってもお高いものは沢山ありますしね。
作り手から言わせて頂くと、ボディ用はフェイス用に比べると「ちょっと力をゆるめた感じ」というイメージで作るケースが多かったりするわけで高いから必ずしも良いとは言い切れない。
見た目のツヤ感などはボディ用の方が強調するように作ったりはしますから、そんな違いで選ぶのはアリかもしれませんが。。
なので、ボディ用と目的を持った時点でちょっと気楽なクリームというイメージになってしまいます。
(あくまでも私の感覚ですけどね)


ボディ・ハンド用クリームを使わない私は全身MUQクリームを塗ります。
だって、私がボディクリームを作ったとしても結果MUQクリームになってしまいますから(笑)
同じで良いんです。


ちなみに、私は仕事柄、手を洗う機会がかなり多いです。
色々な化粧品を試してはクレンジングや石鹸で落とす、、、という作業の繰り返し。
更に、趣味でやっている和菓子教室(和菓子作りを教えてます)ではそれはそれは手を洗う。
洗い物も尋常じゃない量。常に手が濡れている程。


そんな私の手はこれです。

hand1
hand2hand3

数年前、持病のため、手の皮膚・爪がほとんど剥がれ落ちました。そんな状態が2年程続いていました。
だいぶ回復しましたが、病気に侵させる前よりぐっとシワが増えたなというのが個人的感想です。

ハンドモデルではありませんのでそこまで気を遣ってはいません。
仕事や和菓子教室に入ってしまえば、ワザワザ塗りなおすことも出来なかったりするので、仕事の前後にMUQをしっかりと塗る程度。パックなどもしません。
それでも十分カサカサゴワゴワ肌は防げます。

大してキレイな手ではないじゃない!なんて思われているかもしれませんね(笑)
でもね、ツルツルなんですよ~私の手。
握手に自信があります。


私がMUQはボディにも使えますよ!と言っている理由がこれなんです。


欲しいのは何ですか?

潤いではありませんか?

ならば、用途別の‘くくり’にとらわれず、しっかりと保湿してくれるものを使ってみませんか?


化粧品選び、受け身では無く、何が欲しいのか?をしっかりと考えてみると意外と良い出会いがありますよ!


本当にMUQクリームだけで大丈夫?と思われている方、是非トライアルセットを試してみて下さい。
自分の肌ながらずっと触っていたい・・・そんな気持ちになれると思いますよ!

MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る

【ケーススタディ】肌の乾燥に悩む人が陥る間違った美容法とは?!

【ケーススタディ】肌の乾燥に悩む人が陥る間違った美容法とは?!

kansou

ある方の美容相談でとても分かりやすい事例があったのでご紹介。
以前から色々と美肌に関するアドバイスはしていまして、それを取り入れた結果、肌がかなりキレイになられた方です。
でも、まだ悩みがあるとのこと。

その方の悩みは「肌の乾燥」

ご自分で考えた結果の乾燥対策ケアがこちら。
一連の流れで紹介します。

1.オイルクレンジングでメイクオフ
2.固形石鹸(シンプルな成分のもの)で洗顔
3.重曹とクエン酸を使った手作り炭酸洗顔
4.化粧水を塗布
5.乳液と馬油を混ぜて塗布
6.ニベアを少量使い顔をマッサージ


肌の乾燥が気になるからと言って以前のスキンケア方法に対し増やしたのが、上記の3、5(馬油の部分)、6、とのこと。

これを聞いて直ぐ原因が分かりました。



結論から言いますと、

無駄に増やしすぎ

見直すポイントが完全に違う

ということです。



さて、私の解説を、、

1のクレンジングはOK。
肌の乾燥が気になる場合はオイルクレンジングがおススメです。
特に高級なオイルで無くともOK。
市販のオイルクレンジング剤でも大丈夫です。

2もOK。
固形石鹸が一番シンプルで良い。
洗う時に余計なものは要らない。
液体状よりも固形の方が刺激は少ないです。

3は必要ない。
弱アルカリ性の炭酸洗顔で肌をツルツルに、、、という目的なんでしょうが、そもそも2の固形石鹸はアルカリ性です。
アルカリ性はタンパク質を溶かすので汚れや古い角質が落ちるという仕組み。
これを2回も続けてやるなんて!
肌に負荷を掛けすぎです。乾燥の原因の1つがコレ。


で、ここからちょっと解説の関係上、順番変わります。
4は一旦飛ばして、


5と6は過剰。

後から説明する4にも関連するのですが、5・6をやることで油分がかなり増えます。
油分を与えるのは悪くありません。
外部刺激から肌を守る、水分の蒸発を抑えるなどの役割がありますから。
でも、水分の蒸発を抑えると言っても、そもそも肌に水分が少なければ肌自身の乾燥状態は何ら変わりません。
油分が肌にある時はツルっとした手触りになるでしょう。でも洗い流せば元の乾燥肌が出てきてしまいます。

例えば、100cc入るコップに10ccの水を入れてラップをしたとしましょう。
コップを肌としたら、本来必要な(持っていられる)水分量の1/10しか水分が無い状態。要は乾燥している状態です。

これを長時間放置したことで、10ccより水が減ることは防ぐことはできるけれど、増えることはありませんよね。
肌に置き換えれば、これ以上の乾燥は止められるかもしれないが、そもそもの乾燥状態を解決するわけでは無いと言えます。

コップで例えるなら、理想は100ccの水がフルに入ってラップをしておく必要があるということ。
つまり、まずは水を入れなければいけないということです。

10ccしか入っていなければ、ラップを例え2重・3重にしようとも、水は増えません。
5・6の方法は、ラップを何枚も重ねるという作業な訳です。


ここで重要になってくるのが4。
化粧水を与えているのだからここで水分が足りてるのでは?と思うかもしれませんよね。

この1~6のステップの中で、水分を持った成分(例えばヒアルロン酸など)を与えられるのは4と5の乳液の部分。
乳液は油分も多く入るので、大きな水分補給(水分を持つ成分の補給といった方が正しいですが)は4になります。

化粧水を塗布しているのはOKなんです。
でも、それでもこの方は乾燥しているのです。

だから5・6というステップを増やしている。
実はご本人、4の化粧水を見直すという点には気付いていませんでした。
この判断が間違いです。

5・6を増やす前に、4を見直さないと!
先ほどのコップを例にすれば、10ccしかない水を増やす策を考えないといけないのです。
だって100ccまで入るのですよ。これを入れずに蓋だけ考えていたというのがダメだったんですね。



ということで、具体的なアドバイスは、

3は直ぐ止める。
4は何を使うか見直す。
5・6は馬油・ニベアは一旦止める。


ということになりました。


どの方法も個別で見れば悪いものとは言えません。
でも、肌の状態と、組み合わせが悪い。

4に関しては見直し方もアドバイス。

正しく作った化粧水はそれだけでも結構保湿してくれます。
なので、化粧水だけ塗布してどの程度の時間我慢できるか?(乾燥を感じないでいられるか?)を見てみましょうとう方法をとってもらうことにしました。

塗布して10分15分でもう我慢できない・・・これは自分の肌には保湿成分が足りないということ。
案外、保湿成分の濃度があると化粧水だけで半日過ごせてしまったりします。

この方も化粧水だけだとすぐ乾燥を感じるから、その後にオイル系を色々と塗布していると言っていました。

化粧水は単に水を与えるということではありません、水を持っていてくれる成分を水と一緒に与えるという役割が大きいです。
水を持っていてくれる成分が少なければただ水を与えるだけ。
当然普通に蒸発します。
乾燥肌であれば肌自身が水を持つ力が弱ってますからね。蒸発はきっと早いでしょう。


こんな風に、化粧品開発者として、皆さんがどうスキンケア製品を使っているかを見ると問題点が分かります。
これは理論で分かるのです。

今、かなりオイルブームですが、オイルだけに頼るのは間違いを起こしやすい。
そもそもオイルは油。水を持つものではありません。

しっかりと水と持ってくれる成分が配合されているものを合わせて上手く使うと効果を得やすいでしょう。
単に良いからといって足せば良いということではありません。
増やしたが故に問題点が見えにくくなったり、逆に悪影響を与えたりという場合もあります。
是非自分の肌ケアステップ、見直してみて下さいね。
分からなければ私に問い合わせ下さい。



本当に化粧水だけで我慢できるの?と思われている方、1度MUQを試してみて下さい。
案外長時間大丈夫です。
だって、かなりヒアルロン酸などの保湿成分を配合しましたから。

MUQ以外にも正しく作られている化粧水はあるでしょう。
ただ、そういった製品はなかなかドラックストアやバラエティストアには並びにくいです。原価の問題で。


ということでMUQで試して下さいね。という意味もありますが、化粧品開発者が本気で化粧品を作るとどういうものになるのか?を是非体感して下さい。
日々このようなお悩みを多くの方から聞きながら、その結果を元に開発をしています。
10日間分トライアルセットでも十分体感頂けます。

MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る


日焼け止め、SPFの数字よりも使い方!気にすべきこと、間違えていませんか?

日焼け止め、SPFの数字よりも使い方!気にすべきこと、間違えていませんか?

holiday

ゴールデンウィークですね!
海に山に、遊園地や水族館、色々なところに出かけられる方も多いと思います。

晴れている日は夏日のように暑く紫外線も強いです。
しっかりと紫外線対策・UVケアをしてお出かけ下さい!

・・・でも、ただ日焼け止めを塗っているだけの方、要注意ですよ~(>_<)


こんな日焼け止めの使い方をしている人は効果激減です!!
直ぐに使い方を改めましょう。

・どこに行くにもSPF・PAの数字が高いもの(30以上)を使う
・塗るのは1日に1度だけ
・日中は汗拭きシートで汗を拭き取ったらその上にすぐ日焼け止めを塗っている
・ベタつくのが嫌いだから日焼け止めの前のスキンケアは化粧水程度にしている


当てはまるものはありましたか?


日焼け止めのSPFなどの数字、実は実際皆さんが使うような環境で取られたものではありません。
汗を沢山かくとか、脂がたくさん出るだとか、そこまで想定した検査じゃないんです。

なので、あくまでも参考程度に考えて下さい。


大事なのは数値ではありません。
塗り直しの頻度を守ることです。


SPF50、PA++++だから朝塗れば大丈夫よね!
なんて思わないで下さい。

どんな数値でも2時間おきくらいで塗り直しをするのが理想。
何故なら土台となる肌が汗や皮脂で安定しなくなるから。
意外と肌の上で流れてしまいます。
ウォータープルーフタイプでも同じこと。

ちなみに、肌が乾燥して凸凹していても日焼け止めの効果は下がります。

汗拭きシートで汗を拭いて直ぐに日焼け止めを塗るのが良くない理由は乾燥です。
ひんやりするタイプなどはアルコールが含まれているものも多いですしね。
アルコール、気化する際にお肌の水分も奪う場合もありますのでシートを使ったらしっかりと保湿してあげる必要があります。

冷房の中にいて肌が乾燥・・そのまま外に出て紫外線を浴びる・・
これ、日焼け止めを塗っていても効果が下がる可能性があります(>_<)



つまり、日焼け止めの効果をしっかりと得るには

・2時間おきの塗り直し
・しっかりと保湿


これが大事なんですね。

正直、SPF50のものを1日1回しか塗らないのと、SPF20のものをきちんと2時間おきに塗りなおすのであれば、後者の方が効果的とも言える。

暑くなるとついつい、スキンケアも化粧水だけで大丈夫かな?なんて思ったりしますが、しっかりと保湿してあげることで紫外線対策にもなりますよ!

基礎化粧品、さっぱりとかしっとりとか、感触だけで保湿力は判断できません。
さっぱりでもしっかりと保湿してくれるものはあります!
現にMUQはそう作っています。

しっかりと肌を整え、正しく塗りなおす。

美白化粧品を!なんて言う前に、UVケアをしっかりとしましょうね(^_-)



しっかりUVケアをしたい方、肌を整えるにはMUQがおススメです!
UV効果を高めるためにもMUQでしっかり保湿してくださいね。

まずは10日間分トライアルセットからお試し下さい。
MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る

勘違いで損してる?美白効果をきっちり得る方法は?基礎編

勘違いで損してる?美白効果をきっちり得る方法は?基礎編

sun201504

お天気はなかなか安定しませんが、暖かい日が増え、雑誌などでは美白特集が目に留まる季節になってきましたね。

せっかく使うならしっかりと効果を得たいものです。
美白化粧品は大手メーカーの製品でもトラブル報告がありましたしね。
最終的には自分の目でしっかりと見極めることが必要です。
今一度、「美白」に関して整理をしてきましょう。
まずは基礎編。



医薬部外品(薬用)以外で「美白」を大々的に謳う化粧品はNG!


美白効果のある成分は沢山あります。
成分の説明として「美白」という説明はどの化粧品でも出来ます。

例)MUQに配合している酵母エキスなどは美白効果を持つ成分。そんな説明はできます。

でも、化粧品自体(製品として)美白効果を謳えるのは美白成分を有効成分として申請して作られている医薬部外品だけです。

例)酵母エキスを配合していますが、MUQ自体の効果として「美白」は言えませんし、美白化粧品ではありません。


医薬部外品で無くとも美白効果を期待できる化粧品はあります。美白効果のある成分をしっかりと配合していればそのチカラはありますしね。

でも、薬事法というルールでは医薬部外品以外は美白効果を謳ってはいけないと決まっているので言えません。

もし、医薬部外品で無い化粧品で「美白できます」などと言った宣伝文句を大々的に伝えている商品があれば、そのメーカーは信用できないと思って良いでしょう。
ドラックストアなどでは、販売店が独断で言ってしまっているケースが多々見られますが、そのような販売の仕方はお勧めできません。

どんな効果があるとか無いとか、それ以前にメーカーの姿勢を確認しましょう。
基本的なルールさえ守らないメーカーに良い化粧品は作れません。
特にインターネット上での宣伝ではルールを無視したものも多いです。
トラブルを防止するためにも確認する必要があります。



自分の肌色以上に白くなることはありません


人それぞれ肌色は異なります。
元々黒い人もいれば白い人もいます。

美白というと、とにかく白くなる!というイメージが強いですが、元々の肌色以上に白くなるのはあり得ません。
あくまでも、本来の肌色以上に黒くなってしまったものを戻す助けになるというもの。
過度な期待は禁物です。

また、黒くなる理由も様々です。
紫外線なのか、肌荒れなのか、ケアが間違っているのか、ひょっとしたら病気かもしれません。
肌が暗く見える、黒くなった・・・だから美白化粧品という安易な選択では解決しないケースも多々あります。
詳しくは次項以降でお伝えしますが、意外と選択が難しいのが美白化粧品ということを知っておいてくださいね。



何故、MUQは美白化粧品で無いのに、私が美白についてお知らせしているのか?

理由は美白化粧品だけで解決する問題では無いからです。


上記でお伝えしたように、選ぶのが難しい美白化粧品。
作るのも難しいです。
毎年、常に美白成分の話は業界内で議論されていますし、研究されています。
それでもまだまだゴールが見えない分野。
だからこそ、部分的な効果だけを見て選ばず、総合的にスキンケアを見直した中で美白に取り組んで欲しいと思います。

今年は「抜け感」や「透明感」がキーワードとして多々見られますしね。
これ、美白成分だけでは作れませんよ!
正しく理解して美肌を手に入れましょう♪



MUQに配合している酵母エキスは美白作用が期待できる成分。
私自身、美白作用は期待できないとは思っていません。
いちユーザーとして欲しいものの1つですから(^_^)v

ユーザー様から肌がワントーン明るくなった!と評判を頂いているMUQ、美白化粧品にチャレンジする前に是非お試しくださいませ。
まずは10日間分トライアルセットからお試し下さい。
MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る

エステでトラブル!良いエステを見分ける方法は?

エステでトラブル!良いエステを見分ける方法は?

エステ2

前回はエステでトラブルが起きた時の対処法をお伝えしました。

でも、トラブルは起きない方が良いわけでして、
今回はトラブルを回避するためのエステの選び方をお伝えします。

エステを探すとき、皆さんどんな基準をお持ちですか?

・値段
・アクセス
・技術
・知名度

色々あると思います。

これらの条件は大事です。
リラクゼーションと言う意味でエステに行く方も多いですしね。
気持ちよく行けるというのは必要。



私が提案する見分ける方法は違います。
上記に挙げた条件以前に確認しておかないといけない点です。


これからお伝えするいくつかのことを是非予約時に聞いてみてはいかがでしょうか?

・施術に使っている化粧品はどんなものですか?
・その化粧品の全成分情報を頂けますか?
・過去に施術で肌トラブルが起こった人はいますか?
・トラブルが起こったらどうしたら良いですか?


何を聞いているかと言うと、
化粧品についてちゃんと理解してるかという点を確認
しているのです。


そこまで必要?
と思うかもしれません。
意地悪な質問にも見えますしね。


必要です。



私自身、MUQの開発以外にも、エステティックサロンや美容室などのオリジナル化粧品開発の仕事をしています。
その際、エステティシャンや美容師さんからどんなものが欲しいのかヒアリングするのですが、残念ながら、成分自体に興味のある方はとても少ないです。

その化粧品を使ったら、どうなるのか?
お客様はどう感じるのか?気に入る感触か?
販売しやすいキャッチフレーズか?
利益率は高いか?


こんなことは皆さん必ず気にされます。


ところが、全成分を細かく説明して下さいという質問が来るケースはかなり少ない
ポイントの成分の説明しか聞かない方がいるのです。
それだって、良い点しか聞いてもらえないこともあるんですよ。



エステや美容室の方は化粧品の成分のプロではありませんから知らなくて当たり前。
大事なのは知ろうとする努力をしているか?なんです。

お客様に質問をされた時、トラブルが起きた時、必要になるのは全成分情報です。
これを意識していない人は私から見ると美容のプロとは言えないなと。


知識があるからと言って技術力が高いとは限りません。
この質問だけで判断は出来ません。
両方揃っていることが良いですよね。

ただ、
お客様にとってより良いサービスをと考えているエステティシャンや美容師さんは技術力が高いケースが多いなと感じています

熱心に化粧品について質問されてくる方もいまして、その方のサロンはとても評判が良い。
評判が良いから化粧品も様々開発することになり長いお付き合いになっていたりします。



前回の記事で紹介した相談者様が行ったエステも全成分情報を下さいと依頼しても、ポイント成分情報しか持っていませんでした。
悲しいかなこの事例は多いです。


山ほどあるエステや美容室。
こんな視点で良いところを見つけてみてはいかがでしょうか?

敏感肌の私にとってはマストな探し方です。


ちなみに、都内で唯一MUQを取扱い頂いているサロンさんがあります。
トータルビューティーサロンの
M-Style Tokyo さん
http://www.m-style-tokyo.com/

私がオーナーの三浦美華さんと何度もお会いして、化粧品、美容についての考え方について散々語り合って、信頼出来る方だと分かり、取り扱いをお願いしました。
住所は非公開でまさに隠れ家サロン。
隠れ家サロンなのですが、常に予約がいっぱいで大盛況のサロンさんです。

これが私が思う良いサロン。
実際技術は抜群に高いです。
ご興味ありましたらお早めにご予約を!


こんな風に慎重に進めていることもあり、MUQの店舗販売や提携などはゆっくりペースとなっています。
何よりも「安心」を重視していますので皆さまご理解下さいませ。


そんな理由もあり、MUQの購入は当社のオンラインショップでお願いします。
まずは10日間分トライアルセットからお試し下さい。

MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る


エステでトラブル!回避策は?!

エステでトラブル!回避策は?!

エステ

先日、お客様からある相談を受けました。

「エステに行ったら肌が赤くなり発疹が出てしまいました。皮膚科に行こうと思いますが何を準備しておけば良いですか?」

というもの。
この方、今までこうしたトラブルの経験は無く、初めてだそう。


肌が弱い人はもちろん、普段化粧品で肌荒れしたことの無い人でもエステで荒れてしまったという経験がある方もいるかと思います。


そんなトラブルが起きたらどうしたら良いのでしょうか?
エステに行って肌が荒れてしまった場合の対処方法をお伝えします。

- - - - - - - - - - - - - - - -
●化粧を落とす、洗顔は石鹸で優しく

●痛みや痒みが強い場合は化粧水はお休みしクリームなど水分量の少ないものでケアをする

●メイク、日焼け止めはお休みする

●エステサロンに使用した化粧品のメーカー、製品名、全成分を問い合わせる

●特殊な施術を受けた場合はどういった方法の施術か、
  使用した機器はどういうものかも確認する


●エステに問い合わせた情報を持ち、医師の診断を受ける
   (必ずすっぴんで行くこと!)

- - - - - - - - - - - - - - - -

これが基本の流れです。
兎にも角にも何らかの症状が出た時点で、塗布したものは落とし、医師の診断を仰ぐしかありません。

とは言っても、実際、何がどう原因していたか?を調べるにはパッチテストをする必要があり、その為には化粧品メーカーから成分サンプルを取り寄せる必要があります。
(問合せは医師がしてくれます)

その場合、時間と手間が掛かります。

多くの場合、化粧品の使用を中止すれば時間の経過と共に症状は回復していきます。
なので、細かくその場で原因を追究せずとも解決するケースがほとんどです。

ですが、何が原因だったか今後の為に知りたい、原因次第で治療方法が変わる、、などと言った場合は原因をしっかりと探らなければいけません。


その場で出来るだけ医師が原因を予測しやすいようにすることはできます。
日頃から気にしておく方法です。

これ、やっておいて損はありません。


それは、

使用した化粧品の全成分を控えておくこと。


過去に使用したもの全てがあると予測しやすくなります。
肌に対し何らかの刺激等のトラブルを感じた化粧品はマストです。
共通項が見えますから。

これが分かれば今後、その成分を避けて行けばトラブルに合う可能性は低くなります。


今は携帯で簡単に写真が撮れますから、写メだけでもとって置くと良いでしょう。
同じブランド・製品でも、中身をリニューアルしているケースもあります。
その時に入っていた成分情報が大事です。




当たり前のことなのですが、いざ自分の身に起きるとビックリしてしまうかと思います。
冷静に、面倒くさがらず病院に行きましょう。

手元にある化粧品を見て下さい。
病院に行くように必ず記載しています。

エステや化粧品メーカーに問い合わせるのは間違ってはいません。
でも、治療方法は医師の判断を仰ぐのが良いのです。


どんな化粧品でも全ての方に合うものはありません。
多くの人にとって良いものでも自分には合わないということもあります。

私たち化粧品開発者はこうしたトラブルが起きた時に、医師と連携し、しっかりと対応する姿勢を持っています。
100%避けることはできないことだからこそ、起きた時に正しく対応できる術を覚えておきましょう。



ちなみに、相談者様、エステサロンに全成分を問い合わせたところ、正しい全成分情報を得ることが出来ませんでした。
一部の成分名しか分からなかったのです。

こしたケース、実は多くあります。

次項ではエステを選ぶ時に気にしておきたいことをお伝えしたいと思います。


4月、新しい生活環境になった方も多いかと。
疲れが溜まってエステでリフレッシュしたいと思われる場合もあるかもしれません。
リフレッシュのつもりが肌トラブルに・・・なんてことにならないように、是非気にして下さいね!



お疲れ肌の方、エステに行かなくても良くなると評判を頂いているMUQも是非お試しください。

私が普段、エステサロン向けの業務用化粧品を開発する時よりも、各成分の濃度は高くなっています。
配合成分も過去の実績を見て、トラブル報告が少ないものを選びました。
それでも100%トラブルを防ぐことはできませんが、開発者として、トラブルを減らす全ての努力はしています。

まずはお得な10日間分トライアルセットからお試し下さいませ。
MUQトライアルセット好評発売中!
トライアルシールつき


目次に戻る

ハリーアップモイストローションハリーアップモイストセラムハリーアップモイストクリーム

定期お届け便

MUQ Facebookオフィシャルファンページ



ページトップへ