開発者がビーカーを片手に思う事

No.4 洗顔の間違いで肌荒れを起こす人多数!正しくケア出来ていれば洗顔・クレンジングは怖くない!

洗顔の間違いで肌荒れを起こす人多数!正しくケア出来ていれば洗顔・クレンジングは怖くない!



秋になると気になるのが「保湿」

この保湿、最近では洗顔やクレンジングの分野にも広がっています。


bath

保湿成分配合の洗顔石鹸やクレンジングを目にする方も多いでしょう。

この現象は油の取りすぎを気にされている方が多いからだと思います。


確かに油の取りすぎはお肌に良くありません。

でも、優しく洗い過ぎて、本来落とさなければいけないファンデーションや日焼け止めを落とせていなかったらどうでしょう?

当然、残った汚れが肌荒れの原因になります。


私の元に相談に来られる方で、
「出来るだけ肌に優しく・・」と間違った自己判断で洗顔やクレンジングを選んだ結果、美肌になるどころか、ニキビや乾燥、くすみなど、トラブルを引き起こしている人がとても多いです。

そんな相談の場合、洗顔料やクレンジングの選び方、使い方、その後のケアの仕方を指導するだけであっさりと回復される方も多い。



最近では、日焼け止めやファンデーションをはじめ、メイクアップ化粧品の機能性はとても高くなってきています。

「落ちにくい」「ヨレにくい」「伸びが良い」などなど。

こうした製品の開発のポイントはお肌の上にある「水分・油分」といかに馴染ませて長時間お肌に乗せていられるか?という点にあります。

つまり、こうした機能性メイクアップ化粧品は、水分・油分の影響を出来るだけ受けにくくするように作られているのです。



メイクアップの視点から考えればこの機能性はとても便利です。
昔のように均一に塗布しようとすればするほど厚塗りになる・・ということもありませんし、お化粧直しの回数もグッと減りました。

特にこの秋のファンデーションは機能性を重視したものが多いなという印象があります。



付けるは良しとして、落とすは?
と考えた時、この機能性は少々困り者。。

お肌に乗るチカラが強い反面、簡単には落とせません。

きちんと落とさなければいけないのです。


実はこうした化粧品の機能性に頼りながらも、その性質を無視し、あまりにも「お肌に優しく・・」と考えすぎた結果、「落とす」ことを忘れてしまっている人が多いのです。



洗顔・クレンジングのポイントは「汚れが落とせるか?」です。


まずはそこをしっかりと考えて頂きたい。

どんなに保湿成分が入ろうとも、汚れが残っていれば肌荒れになる。

皆さんが考える「優しさ」が本当に肌に優しいのか?

今一度しっかり考えて頂きたいです。



保湿成分が入っているから洗浄力が低くなって優しくなる、、、
ということではありません。

洗浄力は洗浄成分の種類・量で決まります。


洗浄力を気にするなら、洗浄成分と形状(水タイプ・リキッドタイプ・クリームタイプ等)をチェックする必要があります。


それに、保湿成分をクレンジングに入れても、その多くは洗い流すときに一緒に流れてしまうので、とても勿体ない!

肌に与えたい成分は洗顔後に与えるべき。

自分が正しく汚れを落とせるか?というポイントで洗顔・クレンジングを選ぶのが良いです。



私のブランドMUQでは洗顔・クレンジングを作っていません。
よって、私も洗顔は皆さんと同じように購入して使います。

選ぶポイントは1つ。
シンプルに汚れを落とせること。
これだけ。

美容成分や保湿成分なんて何にも見ません。見るのは洗浄成分だけ。



そもそも洗顔料やクレンジングにはこれらの成分は多く配合出来ないですしね。
ならば、その後に与える方がよっぽど経済的。


と考えた結果、皆さんが見向きもしないようなものを使っています。

以前、取材の際に、「尾崎さんが選ぶものって、ドラックストアの棚の地味で目立たないところにあるものが多いですね」と言われたことがあります。

確かにそうだなと思います。

あまりにもシンプルだと皆さんを引き付けるキラキラしたキャッチコピーがどうしても少なめ。
その結果、ひっそりと棚に並べられてしまうのですよね。。

MUQもパッと見シンプルなのでPRにとても苦労します。



ちなみに、MUQユーザーからのクレンジングの相談においては「お好きなものを選べば良いですよ」
と答えることが多いです。

肌が弱い方の場合は反応してしまう成分を検討し、それを避けてとお伝えしていますが、それ以外は特にこれを使うように・・といった特別な指導はあまりしません。

私自身が使っているものを紹介はしますが、ライフスタイルによって取り入れられるかどうか?が異なります。

「正しく使う」という点も大事なので。

それを守って頂ければ、その後のケアは十分出来るようにMUQを作りましたので、使いやすいものを使うように、、という指導になります。



保湿や美容成分は、洗顔・クレンジングの領域ではありません。
その後のスキンケアの領域です。

しつこいようですが、洗顔・クレンジングは「落とす」のが本業です。



化粧品はそれぞれ役割が違います。
ついつい、全ての役割を1つのものに期待しがちですが、分けて考える方が効率的です。


しっかりケア出来ていれば、洗顔・クレンジングを選ぶ幅はぐっと広がりますよ!


様々あるクレンジング、それぞれ特徴がありますので、1つずつ紹介をしていければと思っています。

ハリーアップモイストローションハリーアップモイストセラムハリーアップモイストクリーム

定期お届け便

MUQ Facebookオフィシャルファンページ



ページトップへ