開発者がビーカーを片手に思う事

No.13 ボジョレーは赤、効率よく美肌を作るなら白!

ボジョレーは赤、効率よく美肌を作るなら白!


ワイン白

ボジョレーシリーズ前回の続きです♪


前回、私は、
「飲むなら赤、顔に塗るなら白!」という情報をお伝えしました。



簡潔に理由を言いますと、

効率よく美肌が作れるから

です。



化粧品に使われるブドウ由来成分、ブドウエキスやブドウ葉エキス、ブドウ種子エキスなど様々あります。

この表記だけでは赤ブドウなのか白ブドウなのか?は分かりません。

復習になりますが、赤だろうが白だろうが、ポリフェノールをメインの効果とした謳っているのであれば、それ以外を見て判断した方が良いです。

ポリフェノールはどうしても配合量が少なくなりますので大きな効果は期待できません。

メーカーによって違いはありますが、どんなブドウから得られた成分なのか?を伝えているところもありますので、是非チェックして下さい。



ポリフェノールが美肌成分として期待できないのであれば、赤も白も同じじゃないか?と思いますでしょう。


いいえ、違います。


そもそも、赤でも白でもポリフェノール以外の成分で美肌効果はあります。

多いのが保湿と抗炎症。


これだけなら他の成分でも代用可能なのでちょっとインパクトは弱め。
そこで抗酸化作用のポリフェノールにスポットを当てるんでしょうね。。


今からお伝えする白ブドウ由来の成分のポイントはポリフェノールと全く関係がありません。
その他の部分で良いところがあるから、「白がおススメ」と言えるのです。



まずは馴染みのある成分から。

「グレープシードオイル」
ブドウ種子油とも呼ばれます。


その名の通り、ブドウの種から得られた油です。
主に白ブドウの種から作られますが、中には赤ブドウの種の場合もありますので、気になる方は確かめてから購入されると良いですね。


この油は、リーノール酸、オレイン酸が多く、パルミチン酸、ステアリン酸が少なめ。

大豆油やサンフラワー油に組成が似ており、
感触はオリーブオイルやアルガンオイルなどにも似ています。


伸びが良く塗布しやすいのが特徴。
塗布のしやすさは化粧品においてとても大事な点です。
また、寒さに強い油ですので、真冬でも固まらず気持ちの良い感触が維持できます。



この感触、メイク落としや軽めのマッサージなんかに向いていますね。
保湿オイルとしても十分使えます。

オイル好きの方にはとても好まれる感触です。
食べられるものですから安心して使えます。



私個人としては、これでもまだ重く感じまして、更に感触の軽い米ヌカオイルを愛用していますが、好きな感触の油の1つでもあります。

冬になるとシアバターやパーム油などの‘こってり’とした油を手に取る方が多いですが、感触と保湿力は別な話なので、さらっとしたものの方が良い方はこちらはおススメ。

固いものを塗布するとどうしても力が入りやすく、肌に刺激を与えてしまう可能性がありますので、塗布するのが苦手な方は伸びの良いものを選ぶと良いでしょう。




そしてMUQにも配合している、

「シャルドネ発酵エキス」
分かりやすくこのように書いていますが、正式名称は乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液です。

植物性の乳酸菌で高級ワインに使われるシャルドネを発酵させて得られた成分です。

この発酵の過程でポリフェノールは他の物質に変化してしまいますので、成分自体の酸化が防げるようになります。


発酵することで保湿力があがりますので、ブドウエキスそのものよりも良い。

更にAHAが増え、角質柔軟作用が効果として追加されます。
肌の生まれ変わりのサイクルが乱れ、状態が悪くなっている人に向いています。



美肌成分というと何か栄養を与えてあげて肌が出来る時に助けになる・・・というイメージが強いかと思いますが、自分の肌が持つそもそものチカラを生かすのであれば、正しく新陳代謝できるような環境を整えてあげる成分も必要です。


保湿は与えてあげるパターン。これは一番大事。

このシャルドネのチカラは新陳代謝の邪魔になるものを落として、肌が作られやすい環境を整えてあげるパターンです。


肌は直ぐにどうこうなるものではありません。
人間ですからね、キレイな肌になるには時間が掛かります。

その間、肌状態を悪化させないようにするのが
「栄養を与えてあげる成分」

その間、正しいサイクルで肌が作られるようにするのが

「環境を整えてあげる成分」

そんな‘くくり’で美容成分を分けることも出来ます。


白(シャルドネ)はどちらも併せ持つ成分なんです。
ポリフェノールのチカラはそこに入りません。

緩和な角質柔軟作用ですので、私のように敏感肌な人で角質が気になる人に向いています。

よく「MUQを使うと肌が明るくなる」という声をお客様から言われるのですが、シャルドネのチカラもかなり影響しています。
美白では無いんです。元々肌が持っていた明るさに戻っただけ。自然な流れで生まれる明るさです。



スキンケアをする目的は美肌。

長期的に考えれば誰もが化粧品のチカラに頼らず、自分のチカラを引き出したいと思っているでしょう。

となれば出来るだけ自然な流れを作ってあげるのが結局のところ一番良いのではないか?

私が化粧品を開発するときにいつも思うことです。

無理やり流れを変えてもすぐに戻ってしまう。


そんなことを避けるためにも、こんな目線で化粧品を探してみるもの良い出会いにつながると思いますよ!



美容成分、色々な角度で比べることができます。
体質によって合う合わないもあるでしょう。

ただ、超敏感肌の私が、効率よく美肌になれるように、「ワイン」に例えてブドウ由来の美肌成分を比較した時に、

赤<白

という結果が出ました。
という話。



身近なものに例えながら美肌成分を見てみると、難しい成分名も理解しやすいかもしれませんね(^_^)

もっといろいろな角度を探してみたいと思います!





効率よく美肌を作るなら白!
シャルドネ発酵エキスをたっぷり配合!
もっちりしっとり肌におススメなMUQハリーアップモイストセラム♡
抗炎症成分(アラントイン)配合で健やかなお肌へと導きます。
ジェネリック化粧品 MUQ ムキュ ハリーアップモイスト セラム

シャルドネ発酵エキスをたっぷり配合!
さらっとしているのにうる肌に!その感触に驚く人多数のMUQハリーアップモイストクリーム♡
抗炎症成分(グリチルリチン酸2K)配合、99%天然由来成分で荒れた唇にも安心してお使い頂けます。
ジェネリック化粧品 MUQ ムキュ ハリーアップモイスト クリーム



ハリーアップモイストローションハリーアップモイストセラムハリーアップモイストクリーム

定期お届け便

MUQ Facebookオフィシャルファンページ



ページトップへ