開発者がビーカーを片手に思う事

No.26 ライスミルクブーム到来!植物のチカラに再注目

ライスミルクブーム到来!植物のチカラに再注目

rice

2015年トレンド予測第4位の「ライスミルク」、皆さんもう試しましたか?

体質的に牛乳や豆乳が飲めない・・という方には代替品として役に立ちますね!
実は私も牛乳を飲むとお腹を壊してしまう体質なのでライスミルクが気になります(^_^)
と言っても、まだ実際に飲んだことはありませんが。。


化粧品業界では昔からよく使われている「米」。
コメヌカエキスやコメ発酵液など、主に保湿成分として配合されています。
MUQには色々な考えがあり、使用していませんが個人的に好きな成分です。



このライスミルクのブーム、「動物性→植物性」という代替品のブームとも言えると思います。

オーガニックやヴィーガンなど食事においては美容に良いということもあり、ここ数年、植物性の選択肢が増えていますね。
この流れは化粧品でも起こっています。取材などでも聞かれることが多く、より求められるようになってきているなと感じます。

なんとなく、オーガニック系の植物主体の化粧品は効果がイマイチ・・
なんて思ったりしませんか?

確かに一般的に●●エキスと呼ばれるような植物エキスは継続的に塗布し、穏やかに効果を発揮するものが多く、特に保湿に関しては即効性的な効果は苦手だったりします。
ですが、特に「動物性→植物性」のような代替品的に使われる成分では意外とチカラを持ったものも多いです。

まだ数も少ないですしね、覚えておいて損は無い成分ですよ!



度々紹介しているのですが、化粧品における「動物性→植物性」の代替品というと、

植物性ヒアルロン酸
ポリグルタミン酸、シロキクラゲエキス など

植物性セラミド
コメエキス、ユズ種子エキス など

植物性コラーゲン
納豆エキス(ダイズ発酵エキス、ナットウガム) など

というものがあります。
植物性●●という名前は一般的な呼称なので正式な名称ではありません。


どれも植物性ということもあり、動物性に比べ使用感が軽いのが特徴。
植物性●●と呼ばれるくらいですから、動物性と遜色のない効果が期待できます。
中には納豆エキスのように動物性コラーゲンを超える効果があるという実験結果があるものもありますからね。
あなどれません。


ただし、美肌に良いからといって、食品をそのまま塗布するのはNG
塗布するには悪い成分も入っています。化粧品原料に加工する時点で不必要な成分は抜きますので、これらの成分の効果を得たい場合は化粧品で使用するのが良いです。


決して動物性原料が悪いとは思いません。動物性にしか無い効果もありますから。

ですが、特に代替品といして言われる植物性の成分は日本において古来から美容に良いとされてきたものがほとんどです。
食事でも言われますが、人種によって体質が異なることから、同じ食事をしたとしても必ずしも健康に良いというワケではありません。
化粧品においても同じ。同じ人種でも体質によって合う合わないがあるくらいですから、人種が違えば尚更。

これらの代替品の成分は古くから日本の生活の中にありましたからね。
体質合うという人が多いのもそれが理由かもしれません。

※食物アレルギーがあるように100%合うという保証はありませんよ!


日本の化粧品は世界一と言われます。
業界に身を置いてみて実感しています。

植物系の化粧品=オーガニック化粧品=海外の化粧品
なんてイメージの方も多いかもしれません。


でも、意外と日本の中には植物のチカラを活用した素晴らしい化粧品がありますよ!



日本には日本のものを。
根本的に見直してみることでより美肌に近づけるかもしれません。



日本の化粧品業界、かなり頑張っていますよ!




MUQシリーズにも長年愛されてきた日本ならではの成分を配合しています。
長い歴史は信頼の証。
歴史が証明した安心を是非体感下さい。
10日間分MUQトライアルセット好評発売中!

トライアルシールつき


目次に戻る

ハリーアップモイストローションハリーアップモイストセラムハリーアップモイストクリーム

定期お届け便

MUQ Facebookオフィシャルファンページ



ページトップへ